株式会社ハルスTOP > 株式会社ハルスのブログ記事一覧 > 賃貸不動産に家賃滞納者がいる!そんなときに知っておきたい対策方法とは

賃貸不動産に家賃滞納者がいる!そんなときに知っておきたい対策方法とは

≪ 前へ|賃貸のセルフリフォームの実際とは?具体的なメリットとデメリットを知ろう   記事一覧   賃貸物件の入居者募集をする2つの方法と空室を抑えるポイントを解説|次へ ≫

賃貸不動産に家賃滞納者がいる!そんなときに知っておきたい対策方法とは

カテゴリ:賃貸オーナー様向け

賃貸不動産に家賃滞納者がいる!そんなときに知っておきたい対策方法とは

所有する賃貸物件に住んでいる方のなかで、家賃滞納者がいた場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。
トラブルに繋がらないためにも、正しい順序で手続きをする必要があります。
今回は、そんな家賃滞納に関する例や、具体的な解決方法についてご紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

家賃滞納の例やシチュエーション

賃貸不動産で家賃滞納が起きるパターンとしては、借主になんらかのトラブルがあった場合が挙げられます。
例として、交通事故や急な病気などにより、連絡が取れなくなってしまうケースです。
それに伴い、しばらく自宅に戻れなくなるということもあるでしょう。
また、借主が家賃の支払い日を忘れていたというケースもあります。
例として、月末の支払いと思い込んでいたら、実際は月末の数日前だった、というパターンが挙げられるでしょう。
引っ越しを繰り返している借主によっては、比較的起きやすいトラブルの一つです。
そのほかにも悪質な借主によっては、故意に支払いをおこなわないというケースもあります。
支払う意思を見せない借主に対しては、督促を繰り返すなどをして、早期での回収をおこなうことが大切です。
また、未払いが継続して続いた場合、どのような対応をするのかをあらかじめ借主に伝えておくと良いでしょう。

家賃滞納された場合の対策とは

管理する賃貸不動産で家賃滞納が起きた際、借主の反応によって対策が異なります。
病気などにより一時的に家賃が払えない場合には、体調がよくなるタイミングやいつ支払いができるかなど、書面に記してもらうようにしましょう。
また、万が一のことを想定し、緊急連絡先や連帯保証人の電話番号を控えておくと良いといえます。
賃貸不動産のなかで支払日を誤って理解している借主には、契約書と合わせて話し合う機会を設けると、何度も未払いになるリスクをなくせるでしょう。
故意に支払いをおこなわない借主には、まずは口頭や手紙による家賃未払いに関する督促をおこないます。
連絡先を知っている場合には、電話での通知をしましょう。
その後、何も動きがない場合には、督促状を送る形です。
この時、内容証明として発行することで、法的な手続きをおこなうことができます。
それでも動きがなければ、督促状を送ってから2か月以上経過した場合、催告書として強制退去や契約解除に関する通告をおこなう流れとなります。

まとめ

賃貸不動産で借主に家賃滞納が発覚した場合、まずは本人から原因を聞くことが大切です。
悪質な借主に対しては、順に手続きを進めながら、強制退去といった対策も検討しましょう。
私たち株式会社ハルスは、武蔵野、三鷹、調布、小金井、杉並、府中を中心に賃貸物件を取り揃えております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸のセルフリフォームの実際とは?具体的なメリットとデメリットを知ろう   記事一覧   賃貸物件の入居者募集をする2つの方法と空室を抑えるポイントを解説|次へ ≫
  • 家主様はこちら
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • スタッフブログ
  • 売買サイト
  • Twitter
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハルス
    • 〒180-0023
    • 東京都武蔵野市境南町4丁目22-7
    • TEL/0422-30-5370
    • FAX/0422-30-5372
    • 東京都知事 (2) 第98207号
      賃貸住宅管理業者
      あいおいニッセイ同和損保代理店
      旭化成不動産情報ネットワーク「ACEの会」加盟店
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る