株式会社ハルスTOP > 株式会社ハルスのブログ記事一覧 > 賃貸物件の入居者募集をする2つの方法と空室を抑えるポイントを解説

賃貸物件の入居者募集をする2つの方法と空室を抑えるポイントを解説

≪ 前へ|賃貸不動産に家賃滞納者がいる!そんなときに知っておきたい対策方法とは   記事一覧   なぜ賃貸マンションにテナントリテンションが必要なのか?|次へ ≫

賃貸物件の入居者募集をする2つの方法と空室を抑えるポイントを解説

カテゴリ:賃貸オーナー様向け

賃貸物件の入居者募集をする2つの方法と空室を抑えるポイントを解説

賃貸物件のオーナーにとって、物件の入居者募集はとても大切なことです。
入居者募集をするための方法やコツ、空室になるべく作らないためのポイントについて詳しくご紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の入居者募集をする方法とは

賃貸物件のオーナーが入居者を募集したい場合、不動産会社に依頼をします。
大きく分けると、2とおりの募集方法があります。
それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

一般募集

一般募集とは、いくつかの不動産会社に入居者募集をしてもらう方法です。
複数の不動産会社に依頼をすることによって、多くの人の目にとまり、入居希望者が集まりやすいというメリットがあります。
また、不動産会社とは別に、自力で入居者を見つけることも可能です。
窓口が広がる分、それぞれの不動産会社とやり取りする必要があります。

専任募集

専任募集とは、1社の不動産会社だけに募集をしてもらう方法です。
窓口が1社のみになるため、やり取りがスムーズにおこなえます。
1社だけですと、なかなか入居者が見つからない可能性もあります。

賃貸物件の入居者募集のコツと空室にしないためのポイントとは

入居希望者が集まりやすいコツや、空室をなるべく作らないためのポイントをご紹介いたします。

設備を改善する

ニーズに合わせて設備を刷新することで、他の物件との差別化ができます。
コンロをIHコンロに変えたり、置き型の収納を増やす、洗濯機置き場を室内に設けるなど、設備を一新すると効果的です。
宅配ボックスを設置したり、インターネット回線工事を施す、インターフォンをモニター付きにする、といった設備の交換も、近年ではニーズが高く目に留まりやすくなります。

共用部分を改善する

入居希望者が現れて内見をする時には、部屋の中だけではなく、共用部分もチェックされます。
エントランスにゴミが散らばっていないか、自転車置き場は乱雑になっていないかなど、綺麗な状態を保っておきましょう。

初期費用を見直す

入居者にとって、引っ越しの際の初期費用は大きな負担となります。
礼金や敷金の設定金額を下げることで、入居者が集まりやすくなります。

入居条件を見直す

ペット禁止を小型ペットなら可能とする、外国人の入居も許可するなど、需要に合わせて入居の条件をゆるめることで、入居希望者が増えやすくなります。

まとめ

賃貸物件で入居者を募集するための方法は、一般と専任募集と、大きく分けて2つあります。
また、入居希望者が集まりやすく、空室をできるだけ作らない物件にするためには、設備を更新するなどの工夫も必要です。
効率よく物件運営をおこないましょう。
私たち株式会社ハルスは、武蔵野、三鷹、調布、杉並、小金井、府中を中心に賃貸物件を取り揃えております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸不動産に家賃滞納者がいる!そんなときに知っておきたい対策方法とは   記事一覧   なぜ賃貸マンションにテナントリテンションが必要なのか?|次へ ≫
  • 家主様はこちら
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • スタッフブログ
  • 売買サイト
  • Twitter
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハルス
    • 〒180-0023
    • 東京都武蔵野市境南町4丁目22-7
    • TEL/0422-30-5370
    • FAX/0422-30-5372
    • 東京都知事 (2) 第98207号
      賃貸住宅管理業者
      あいおいニッセイ同和損保代理店
      旭化成不動産情報ネットワーク「ACEの会」加盟店
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

最新記事



トップへ戻る