株式会社ハルスTOP > 株式会社ハルスのブログ記事一覧 > 賃貸管理委託の手数料っていくら?オーナー支払いについて解説

賃貸管理委託の手数料っていくら?オーナー支払いについて解説

≪ 前へ|なぜ賃貸マンションにテナントリテンションが必要なのか?   記事一覧   賃貸物件の更新料とは何かと支払いの拒否について|次へ ≫

賃貸管理委託の手数料っていくら?オーナー支払いについて解説

カテゴリ:賃貸オーナー様向け

賃貸管理委託の手数料っていくら?オーナー支払いについて解説

「賃貸物件の管理をしたいけれど、出費が必要なのか不安」「どのようなサポート体制があるか知りたい」このような不安や疑問を抱いている人は多くいます。
賃貸管理は難しい分、手数料を支払って委託すると負担は軽減されますが、支払いが多くて収益が激減するようであれば利用できないでしょう。
武蔵野市や三鷹市に住んでいる人、もしくは調布市や小金井市、杉並区、府中市に物件がある人で委託料に興味がある人は必見です。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸管理を委託したときにオーナーが支払う手数料

委託料や手数料は、アパート等の世帯数がいくつか有る様な物件の場合、家賃の5%ほどが一般的です。

たとえば家賃100,000円の物件を管理委託した場合、オーナーは手数料として5,000円の支払いが必要です。
ただし、5%というのは平均した数字なので、管理会社次第で3~8%と幅があります。

世帯数が少ない、例えば賃貸戸建てや、区分所有マンション一部屋等の場合は10%の場合もございます。

賃貸管理委託の手数料内訳や内容

大まかに約5%前後の支払いが必要な管理委託ですが、業務範囲は管理会社によって異なり、手数料が低いと必要最低限のサービスになっていることがほとんどです。
サービス内容と支払金額のバランスを見極めましょう。

基本の管理内容

賃貸管理の必要最低限のサービスとして、家賃の集金、契約の更新、退去時の立会いがあります。
これらは基本手数料に含まれていることがほとんどなので、追加支払いなどは必要ありません。

追加料金が発生しやすい管理内容

基本サービス外として、共有部分の管理、物件の定期点検、家賃滞納保証、クレーム対応があります。
これらは追加料金を支払うことで管理を任せられる、オーナー自身が選択できる付属部分です。
自分で管理する時間がない、支払いが増えてでも負担を軽減したい人は追加をおすすめします。
クレーム対応や家賃滞納時など、トラブル発生時は委託しているほうが気楽と言えるでしょう。

管理会社によって内容は異なる

管理会社や契約次第で、サービス内容は変わってきます。
たとえば、空室時の管理料支払いはあるのか、基本料金のみのプランなのに更新手数料など別途支払いがあるなど、それぞれです。
どのようなサービスが付いているのか、支払い金額はいくらになるのか、バランスを見極める必要があります。

まとめ

自分で賃貸管理できるのであれば、収益は大きくなりますが、その分負担や費やす時間も長くなっていきます。
委託手数料を支払うことで負担軽減に繋がるのであれば、実はコストパフォーマンスとしては非常に優れています。
オプション部分は収益と手数料のバランスを見ながら決めましょう。
私たち株式会社ハルスは、武蔵野、三鷹、調布、杉並を中心に賃貸物件を取り揃えております。
不動産賃貸の事でお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|なぜ賃貸マンションにテナントリテンションが必要なのか?   記事一覧   賃貸物件の更新料とは何かと支払いの拒否について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 家主様はこちら
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • スタッフブログ
  • 売買サイト
  • Twitter
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハルス
    • 〒180-0023
    • 東京都武蔵野市境南町4丁目22-7
    • TEL/0422-30-5370
    • FAX/0422-30-5372
    • 東京都知事 (2) 第98207号
      あいおいニッセイ同和損保代理店
      旭化成不動産情報ネットワーク「ACEの会」加盟店
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

最新記事



トップへ戻る