株式会社ハルスTOP > 株式会社ハルスのブログ記事一覧 > 賃貸経営で必要となる資格とは?あると便利な資格もご紹介

賃貸経営で必要となる資格とは?あると便利な資格もご紹介

≪ 前へ|賃貸物件の更新料とは何かと支払いの拒否について   記事一覧   賃貸経営をする方におすすめのオートロックについて|次へ ≫

賃貸経営で必要となる資格とは?あると便利な資格もご紹介

カテゴリ:賃貸オーナー様向け

賃貸経営で絶対的に必要となる資格について

世の中には、免許や認可を要する仕事、職業があります。
たとえば、警察官なら公務員試験に合格しなくてはならず、弁護士になるなら司法試験をクリアしなくてはなりません。
医師は医師免許、看護師なら看護師の免許が必須です。
では、アパートやマンションなどの賃貸運営に、資格は必須なのでしょうか。
本記事では、賃貸経営に必要な資格は何なのか、あると便利なものとあわせて解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸経営に必要とされる資格とは

結論からお話しすると、賃貸経営に必要な資格はありません。
アパートやマンションなどの運営は免許制でもなく、特別な資格を取得することもないのです。
ただ、資格が不要であっても、知識がなくても問題ない、といった意味ではありません。
アパートやマンションの経営で成功するには、不動産や経営学などの知識は必須です。
また、個人事業主や法人として営業をするのなら、ビジネスや税金に関する知識も要するでしょう。
もちろん、大家さんのなかにはこれらの知識があまりない方もいますが、身につけておくと運営に役立ちます。
特に、不動産やビジネス、経営に関する知識については、収益に大きく影響するため、勉強して損はしません。

賃貸経営で取得すると便利な資格

賃貸経営で絶対に必要な免許などはありませんが、あると便利な資格はいくつか挙げられます。
ひとつは、宅地建物取引士です。
不動産取引に関連する国家試験であり、国内でも高い人気を誇ります。
宅地建物取引士の勉強過程で、さまざまな知識を身につけられるため、物件を購入するときに何に気をつければよいのか、といったこともわかります。
FP(ファイナンシャルプランナー)もあると役立ちます。
勉強の過程で、お金に関するさまざまな知識を身につけられ、自身でしっかりと収支計画を立てられるようになるでしょう。
近年注目を集めているのが、住宅診断士です。
ホームインスペクターとも呼ばれる職業であり、建物の劣化状況や欠陥の有無などを調査します。
賃貸物件の経営では、物件の劣化や損壊などを、早い段階で見つけて対処しなくてはなりません。
住宅診断士に合格できるだけの知識があれば、所有する物件の劣化や損壊などを早期発見し対処できるでしょう。

まとめ

記事内でお伝えしたように、賃貸経営に必須の資格はありません。
そのため、運用物件さえ取得すれば、経営を始められます。
ただ、物件があっても、安定した収益を得られるかどうかは別問題であることを理解しておきましょう。
不動産の経営で安定した利益を得るには、さまざまな知識が必要です。
安定した不動産運営を目指して、今から役立つ資格の取得や、知識の習得に勤しんでみるのもよいかもしれません。
私たち株式会社ハルスは、武蔵野、三鷹、調布、杉並、府中、小金井を中心に賃貸物件を取り揃えております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の更新料とは何かと支払いの拒否について   記事一覧   賃貸経営をする方におすすめのオートロックについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 家主様はこちら
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • スタッフブログ
  • 売買サイト
  • Twitter
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハルス
    • 〒180-0023
    • 東京都武蔵野市境南町4丁目22-7
    • TEL/0422-30-5370
    • FAX/0422-30-5372
    • 東京都知事 (2) 第98207号
      あいおいニッセイ同和損保代理店
      旭化成不動産情報ネットワーク「ACEの会」加盟店
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

最新記事



トップへ戻る