株式会社ハルスTOP > 株式会社ハルスのブログ記事一覧 > 賃貸物件の管理でおこなうバリューアップ工事の例とは?

賃貸物件の管理でおこなうバリューアップ工事の例とは?

≪ 前へ|賃貸物件のテレワーク対応のポイント!アフターコロナで管理はどう変わる   記事一覧   賃貸物件管理をするなら知っておきたい!高圧電力の一括受電について解説|次へ ≫

賃貸物件の管理でおこなうバリューアップ工事の例とは?

カテゴリ:賃貸オーナー様向け

賃貸物件を管理するうえでバリューアップ工事の効果とは?

賃貸物件の入居者が退去したあと、ハウスクリーニングや原状回復工事以外にバリューアップ工事をおこなうことがあります。
バリューアップ工事とはどういう工事であるのか解説し、施工例をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

管理する賃貸物件におこなうバリューアップ工事とは?

賃貸物件から入居者が退去すると、ハウスクリーニングや修繕などをおこない、次の入居者に向けて原状回復するのが一般的です。
この原状回復工事とは別に、バリューアップ工事があります。
バリューアップ工事とは、物件の資産価値を上げるための工事です。
原状回復工事は、経年劣化して傷んだ部分を元に戻す工事で、賃貸物件を管理するうえで必須の工事です。
原状回復工事を怠ると、入居者が見つかりづらくなり、家賃の値下げにつながる可能性が高くなります。
反対に原状回復工事を適宜おこなうことで、良い状態を保ち、入居者が見つかりやすいでしょう。
バリューアップ工事は、原状回復工事と違い、必ずやらなければいけない工事ではありません。
物件の資産価値を上げるためとはいえ、工事費用を回収するためにも収益が上がらなければ困ります。
費用対効果を考えて、工事の実施や工事内容や管理など判断しましょう。

管理する賃貸物件におこなうバリューアップ工事の例

資産価値を高めるバリューアップ工事は、築年数が古くなったことで設備などが時代に合わなくなり、時代に合った状態にすることが多いです。
バリューアップ工事の具体的な例を3種類ご紹介します。

バリアフリー化

バリアフリー化の工事は自治体によって助成金や補助金が出るところがあり、費用面での負担が減ることや、高齢化社会やSDGsで謳われているだれ一人取り残さない社会に見合った工事だと言えます。
高齢の入居者が安心して暮らせるように、手すりの設置や段差の解消、スロープの設置などの管理をおこないます。
高齢者や身体の不自由な方が生活しやすい物件は、若くて健康な方にとっても暮らしやすく魅力的な物件と言えるでしょう。

災害対策

災害対策の工事についてもバリアフリーと同様に、自治体で助成金や補助金が出るところがあります。
災害対策がおこなわれている物件は、入居者にとって安心な物件です。
なかでも耐震補強はぜひおこないたい工事の1つです。

セキュリティ対策

オートロックや防犯カメラ、玄関ドアへのシリンダー錠採用などのセキュリティ対策は、今や必須と言っても良いくらいです。
ただし、セキュリティに関する工事の助成金や補助金はありませんので、予算に合わせて可能な範囲での工事を実施しましょう。

まとめ

賃貸物件のバリューアップ工事とは、資産価値を高めるためにおこなう工事です。
バリューアップ工事として有効な工事例として、バリアフリー化、災害対策、セキュリティ対策があります。
私たち株式会社ハルスは、武蔵野、三鷹、調布、杉並、小金井、府中を中心に賃貸管理物件を取り揃えております。
管理会社やお住まいに関する事でお悩みがございましたら、是非お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件のテレワーク対応のポイント!アフターコロナで管理はどう変わる   記事一覧   賃貸物件管理をするなら知っておきたい!高圧電力の一括受電について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 家主様はこちら
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • スタッフブログ
  • 売買サイト
  • Twitter
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハルス
    • 〒180-0023
    • 東京都武蔵野市境南町4丁目22-7
    • TEL/0422-30-5370
    • FAX/0422-30-5372
    • 東京都知事 (2) 第98207号
      あいおいニッセイ同和損保代理店
      旭化成不動産情報ネットワーク「ACEの会」加盟店
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る