株式会社ハルスTOP > 株式会社ハルスのブログ記事一覧 > 賃貸物件管理をするなら知っておきたい!高圧電力の一括受電について解説

賃貸物件管理をするなら知っておきたい!高圧電力の一括受電について解説

≪ 前へ|賃貸物件の管理でおこなうバリューアップ工事の例とは?   記事一覧   賃貸管理者も入居者も知っておこう!DIYをおこなう際の内装制限について|次へ ≫

賃貸物件管理をするなら知っておきたい!高圧電力の一括受電について解説

カテゴリ:賃貸オーナー様向け

賃貸物件管理をするなら知っておきたい!高圧電力の一括受電について解説

今回は賃貸物件管理を検討している方にぜひ知っておいてもらいたい「高圧電力の一括受電」について解説します。
高圧電力の一括受電とはどういうものなのか、一括受電にはどんなメリットやデメリットがあるのか、それらについて解説していきますのでぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件管理をするなら知っておきたい高圧電力の一括受電とは?

一般的に、電気の契約というのは各戸が個別に電力会社と低圧電気契約を締結する、というかたちとなっています。
これに対して高圧電力の一括受電とは「その賃貸物件全体として、単一の高圧電気契約を締結する」というものです。
賃貸物件の管理者または一括受電事業者が契約者となり、高圧受電設備を設置して低圧電力に変換したうえで、各戸に電力を供給するというかたちになります。
ただし、こうした一括受電は賃貸物件管理者などの一存で契約できるものではなく、対象となる賃貸物件の入居者全戸の同意を得ることが必要となります。

賃貸物件で高圧電力の一括受電契約をするメリット・デメリット

賃貸物件の管理者が、その賃貸物件に対して高圧電力の一括受電契約を締結することの大きなメリットは、各戸(専有部)および共用部、どちらも電気代が削減できるというものです。
どのくらい削減できるかは物件によって異なり、専有部と共用部でも割引率が異なります。
ちなみに資源エネルギー庁が複数の一括受電事業者にヒアリングをしたところ「共用部は専有部よりもさらに高い割引率が適用されていることが多い」という結果が出ています。
これは管理者にとって非常に大きいメリットといえるでしょう。
一括受電のデメリットは、前述のとおり「入居者全戸の同意が得られなければ契約できない」ということがまず挙げられます。
同意をきちんと得るためには、入居者にも「一括受電で電気代が安くなる」ということをしっかりとアピールすることが必要です。
「契約期間が長い」「高圧受電設備設置費用や設備管理のための人件費がかかる」「各戸で個別に電力会社との契約ができなくなる」といったものがあります。
また、年に1回ほどの頻度で設備の法定点検が実施され、その際に停電が発生するということも事前に理解しておきましょう。

まとめ

今回は賃貸物件管理を検討している方のために、高圧電力の一括受電について、その概要やメリット・デメリットなどを解説しました。
電気代の削減という大きな魅力があるものの、デメリットや注意点もいくつかあるということはしっかり理解しておきましょう。
私たち株式会社ハルスは、武蔵野、三鷹、調布、杉並、小金井、府中を中心に賃貸物件を取り揃えております。
管理会社やお住まいに関する事でお悩みがございましたら、是非お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件の管理でおこなうバリューアップ工事の例とは?   記事一覧   賃貸管理者も入居者も知っておこう!DIYをおこなう際の内装制限について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 家主様はこちら
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • スタッフブログ
  • 売買サイト
  • Twitter
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハルス
    • 〒180-0023
    • 東京都武蔵野市境南町4丁目22-7
    • TEL/0422-30-5370
    • FAX/0422-30-5372
    • 東京都知事 (2) 第98207号
      あいおいニッセイ同和損保代理店
      旭化成不動産情報ネットワーク「ACEの会」加盟店
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る